低価格で自費出版したい

丁寧・安心に自費出版できる情報です。

盗聴器の見つけ方

自分は盗聴器を仕掛けられているはずがない…そう思う人が殆どだと思います。

けれども知らぬ間に誰かに好意を持たれていたり、恨みを買ったために盗聴器を仕掛けられている可能性が無いとは言い切れません。

最近誰かにつけられていたり、隠している事がバレてしまった事があるなら一度盗聴器を探索してみては如何でしょうか。

探索と言っても専門業者に依頼するとやはり結構料金がかかります。

今は市販でも高性能な発見器は販売されていますので、ここでは見つけ方について見てみようと思います。

まず盗聴器の見つけ方その一。

見つけ方の王道としては、先程でも出てきましたように市販の電界強度チェックタイプの盗聴器発見器を使用する方法です。

実はこれらの発見器ですは低額で購入する事が出来ます。

もしも効果や実際に使用してみての感じは、今は口コミがありますからよりリアルに分かると思います。

言うまでもありませんが、盗聴器発見器は「どこに設置されているのか・どのような形でされているのか」を分かった上で購入して下さい。

次に紹介する盗聴器の見つけ方そのニですが、周波数検査タイプの盗聴器発見器を使用する事。

こちらはご想像の通り盗聴器と思われる周波数と思われる周波数をキャッチする事で盗聴器発見へと導きます。

こちらは発見のプロも使用しているようなので発見率はぐっと高くなります。

ただし高性能のため使用方法も若干難しいようです。

またこれらの盗聴器発見器で上手くいかないのであれば、盗聴妨害器で盗聴事態を防止する方法もあります。

見つけ方とはまた違いますが参考までに。

当然見つけ方ではありませんので盗聴されている疑いがありましたら試してみてもよいかもしれません。

盗聴妨害器には電波で妨害するタイプとノイズタイプに分かれます。

電波で妨害タイプは先程のような物ですが、ノイズは字の通り雑音をこちらが出す事で盗聴されにくくするものです。

言ってしまえばテレビの音量を上げればそれだけで妨害できます。

ただ中には音声分解の技術を持って音を復元する事も可能のようです。

素人が発見する事は容易ではありませんが、これからも時代も自分の身は自分で守る必要があると私は考えます。

Comments are closed.