低価格で自費出版したい

丁寧・安心に自費出版できる情報です。

盗聴器の種類

現在の盗聴器には実に様々な種類があります。

それらの種類にも集音方法の違いによるものや電気を利用したものまであり、その種類の多さに盗聴器発見のプロまで頭を悩まされる程だそうです。

その数多くある盗聴器の種類を、いくつかに分けて見てみましょう。

まず電話(FAX盗聴器)ですが、こちらは室内外の回線に取り付けてアナログ音声を電波として発信します。

電流を拾うためマイクは必要ないため電話線やマンションのMDF、電線中の端子間や戸外に盗聴器を仕掛ける事が出来ます。

しかし電話が通話状態でなければ盗聴は出来ません。

次に恐らく殆どの方が一番ご存知である室内盗聴器ですが、対象の音を直にマイクで集音させるためどこでも設置可能です。

ただし周囲の雑音や会話の距離によって音声が劣化してしまいます。

そして追跡機ですが、音声を盗聴するというよりも居場所を特定するものです。

大抵は車両に磁石で取り付けて使用されます。

次に電気を使用した盗聴器です。

おもに電池式と電源供給式があり、電池式は内蔵電池で作動されるため電池が切れると同時に停止します。

頻繁に電池交換をしなければいけないため、身近の人物による犯行が多いです。

また電源供給式では常に電源が供給されているので壊されたり外されるまでは動き続けます。

特殊な例としては電化製品内に取り付ける物もあるそうです。

次は少し変わった種類の盗聴器です。

まずボックス型と呼ばれる盗聴器です。

これらは四角い箱型の物で、基本的には黒や灰色の割と小さめの盗聴器です。

中には名刺サイズのカードのようなタイプもあるので油断はできません。

そして次に偽装型です。

日々の生活の中であっても何も困らない物が盗聴器に姿を変えている場合があります。

例えばそれはペンだったり電卓だったりします。

普段使用している時計が実は盗聴器だった…なんて事もあるのです。

また盗聴器の種類の中でも特に見つけにくいタイプに分けてみると唖然としてしまいうでしょう。

先程出てきた偽装型・音声感知式・スクランブル式・リモコン式等です。

実は折りたたみ傘の偽装型盗聴器も販売されている事をご存知でしょうか。

Comments are closed.