低価格で自費出版したい

丁寧・安心に自費出版できる情報です。

盗聴器防止策

自宅やバック等に盗聴器が仕掛けられているのかもしれない…。

そんな風に感じた事があるならば、それはすぐに調査する必要があります。

けれどもまだ確信が持てない、何があっても今後盗聴器を仕掛けられたくないと思われるなら盗聴器を予め防止する必要があります。

現在は通販でも高性能な盗聴器を容易に購入できてしまうがため、一般人でも対象に盗聴器を仕掛けている人は少なくないでしょう。

プライベートはもちろん、企業の極秘内容等が盗聴されたなら今後が非常に危うくなる可能性も高いです。

そのような事態を招く前に防止策をとる事をお勧めします。

最初に最も容易なのは「コンクリート・マイク」と呼ばれるものです。

こちらは壁に特殊マイクを押し当てる事により声で震えた振動を読み取るのですが、この仕組みを利用します。

例を挙げると壁へラジオ等のスピーカーを密着させてノイズを流せば、会話の声(振動)を掴めずに全く役に立たなくなるのです。

そして次の防止策ですが、残念ながら限定されてしまいます。

よく考えられる「電話盗聴」で確実に防止出来るのは、盗聴されている電話機を全く使わない方法です。

電話盗聴器は受話器にスイッチが連動しているので受話器をあげない限り盗聴される事がないでしょう。

しかし日常的に電話を使用しなければいけない人にとっては不便極まりなく、業務にも支障をきたすでしょう。

現代は連絡をとるなら携帯電話が主となってきましたが、会社や事務所では受話器タイプが殆どではないでしょうか。

けれどそのような状態でも携帯電話を主に使用する事が一番の防止策だと思います。

ただこちらで一つ頭に入れておいてほしいのは、電話番号を変更したり別の電話回線を増設しても無意味だと言う事です。

最後に「室内盗聴器」の防止策ですが、種類が限定できないほど多いため、こちらが最も困難だと言われています。

実際に発見のプロでも100種類超えているようで、恐らく盗聴探知機を使用せずに見つけ出す事は不可能でしょう。

さすがに防止策はないためここまで来たら専門の業者に依頼するのが一番です。

Comments are closed.